英国留学

子供たちに必要な力 “Why~, How~” の思考力と多様な中から新たなものを生み出す創造力

〜子供からの国際人教育とは〜

世界の英語人口は25%と言われており、4人に一人は英語を話している時代です。日本国内でも、2020年から公立小学校 5・6年生で英語は教科として取り入れられることになり、コミュニケーション能力重視を目的とした英語教育が一層求められ高い関心を集めています。

昨今では、0歳から通える英語教室や多くのインターナショナルスクールが設立され、幼少時期から英語環境で育てることが新たな教育の選択肢となっているようです。そして、いずれは海外の高校や大学へ進学をさせたいと思っている方々は海外のサマースクール や短期留学プログラムを事前に体験させその後の進学先(国)をどこにするか模索されています。

海外留学とは、その国にまり、その国の言語で意思伝達し、文化習慣や衣食住、宗教、人種、貧富の違いを肌で感じ自分はどうしたいのか、何ができるのか、どう生き抜くかをぶことです。世界には明確な答えのない問題が溢れています。膨大な知識や技能、情報を持つことだけでは埋没しかねません。これからの子供たちに必要な力は、その膨大な物事を選別する力、新しいものを生み出す力、すなわち思考力と創造力が必要になってくるのではないでしょうか。日本から一歩外へ出ると、ボーダレスで多種多様な世界が目まぐるしく変化し動いていることを実感せざるを得ません。

子供の本能や感覚は鋭敏でシンプルです。『三つ子の魂百まで』のように、一度擦り込まれた言語や習慣、フィロソフィーは潜在意識としてその後の価値基準となっていきます。英語はコミュニケーションツールだけではなく、世界への興味や関心に繋がる窓口です。自己認識(主張・交渉・協調)を養い共に問題提議し論議し解決していける人物が世界の架け橋となる“国際人”と言えるのでしょう。それは自ずと英語力の重要性を知り、学びの動機となっていくに違いありません。

私共は、「和:平和/融和/調和」を最大の事業テーマとし、英国の”Question Mind = ナゼと疑問に思うこと”、“Creative Thinking = 0から1を創り出す” 教育を啓発していくことを使命としています。

長年の経験と友好関係にある英国名門校及び教育機関と連携して、幼少期からの短期・長期留学をロングライフでご提案いたします。

株式会社 芙蓉エデュケーションズ
代表取締役 安田聡子

【代表プロフィール】

アメリカ留学後、全日本空輸株式会社入社。客室乗務員として乗務。
長女を11歳で英国留学させた経験をもとに現在の事業に携わる。
・2009年8月 日本小学生英語指導者認定取得
・2010年6月 スイス名門「VIPフィニッシングスクール」修了
・2011年3月 前衛「CRASTIA」開業 代表就任
・2014年5月 「芙蓉エデュケーションズ」名称変更
・2016年2月 「株式会社 芙蓉エデュケーションズ」設立 代表取締役就任