クライストカレッジ・ブレコン校:Christ College Brecon

クライストカレッジ・ブレコン校とは?

1541年キング・ヘンリー8世勅許の下に設立された創立470年以上の英国ウェールズ最古の伝統的なボーディングスクールです。
7歳から18歳までの初等~高等教育を提供し、現在は総学生数385名で55%の学生が学寮に滞在するボーディング生です。
現地英国籍学生の他に世界15ヵ国60名を超える海外からの留学生が在籍中で、クライストカレッジ・ブレコン校の同窓生ネットワークは2500名以上で構成されています。
英Telegraph紙による”the best value boarding schools in the UK in 2018(金額に対して価値のある学校)”トップ3に選出されました。



【クライストカレッジ・ブレコン校の特長①】人を育む教育環境

心のこもった環境で自己啓発を促し、学ぶ施設と機会、経験を提供することがクライストカレッジ・ブレコン校の全活動の基盤です。
本校の環境に身を置く生徒たちは、個人のあらゆる資質を伸ばし、性別、人種、宗教の違いを超えた品位あるコミュニティーにおいて他者への思いやりを培い、高い倫理観と英国市民としての強い意識を備えていきます。
生徒8人に対して教員1人の割合になっているので、生徒一人ひとりへのサポートが行き届いています。
クライスト・カレッジ・ブレコン校は、これまでに海外から数多くの生徒たちを歓迎してきました。また本校は、留学生たちを平等に受け入れるために尽力している多国籍コミュニティーとも提携しています。
海外からの留学生全員に向けて、英語の特別授業を提供しています。初年度無料、ASレベルの4教科に加え、中等学校の下級部(Lower School)では週4時間、高等部(Sixth Form)では週3時間の授業時間数が充てられます。

【クライストカレッジ・ブレコン校の特長②】パストラルケア[臨床心理療法]

各ハウス(学寮)にはテレビやボードゲームが楽しめるコモンルームがあり、生徒達が快適で居心地の良い空間となるように家庭的で温かい雰囲気と身の回りの世話や管理に配慮しています。

パストラルケア=キリスト教的臨床心理ケアを提供し、全校生徒にパーソナルチューターが用意され学習面だけでなく精神面においての相談役も担い、学生の心のケアに細心の注意を払っています。学生の学校での様子についてチューターが学生の保護者に毎月報告するなど学生とその家族の皆さまへ配慮しています。


【クライストカレッジ・ブレコン校の特長③】高い教育水準と英米名門大学への高い進学率

毎年多くの学生が、ハーバード大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学インペリアルカレッジ、UCLなどの英国・世界最高レベルの大学に合格し、90%の学生が第一希望の大学に進学しています。
GCSEは18科目、A-Levelは16科目と3科目のBTEC Programmeに対応しています。
英国で最も風光明媚な場所の1つであるブレコンビーコンズ国立公園内の素晴らしい環境に位置しラグビー、ネットボール、グランドホッケー、ゴルフをはじめとしたスポーツの機会に恵まれます。他にも音楽(楽器演奏、声楽・合唱)、演劇(Royal Academy of MusicやYouth Music Theatre UKとも共演)、アートを学ぶ機会も多く、クリエイティブ分野に進む学生も輩出しています。

また、古典的な学問の他に現代社会で生きるのに必要とされる授業も積極的に導入されています。

Leadership: リーダーシップ
Wellbeing Ethics: ウェルビーイング
Financial Literacy, Handling Money: 金融リテラシー
Understanding Society: 社会、地域社会を理解する
The Next Step, Choosing The Right Course: 正しい選択のために
Introduction to Democracy: 民主主義入門

【入学審査方法】

英語と数学の筆記試験
現在在籍している学校の成績評価表
skype面接