英国の教育・学校システム

日本は、6歳からの6-3-3年制に対して、イギリスは5歳から11歳前後まではプライマリー・スクールと呼ばれる初等教育機関の教育を受けます。

その後は16歳までセカンダリー・スクールに在学する合計11年間の義務教育*が設けられています。
修了時点でGCSEという中学卒業検定に合格しなければ、次の教育機関には進めない仕組みです。

*教育を受ける義務はあるが学校に行くことは義務ではないので学校に行かずに家で学ぶ「ホームエデュケーション」も可。

GCSE後は大学進学を希望する学生のための6th Formと呼ばれる、2年間のAレベル課程に進学。

大学の入学条件はAレベルのスコアで提示されます。
Aレベル課程では3-4科目のみ選択。
一気に専門性が強くなる。
Aレベル課程の学校の卒業の頃にはGCE-Aレベルという全国統一試験を受験し、合格すると晴れて学歴の証明となります。