1/18(土)10時~:英国クリエイティブ留学説明会開催

欧米のビジネスパーソンがMBAではなくアートを学びに大学や早朝の美術館に通うのがトレンドになるほど、次世代に必要とされているのが想像力創造力を鍛えるクリエイティブ教育です。

芙蓉エデュケーションズで長年ご紹介しているアート&デザイン学習を主軸とした英国留学について、留学に必要な準備、事前学習、そして留学・進学方法についてこの説明会で詳しくお話しします。

アート、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ファッションデザイン、建築、空間デザイン、写真、映像etc

クリエイティブ先進国である英国の事例・取り組みをご紹介しながら、耽美的に美術やデザインを楽しむのではなく、コンセプトをロジカルで構造的に展開していく英国のクリエイティブ教育についてわかりやすさをモットーにお話しいたします。

◆◆ 英国クリエイティブ留学説明会 概要◆◆

日時:2020年1月18日 土曜日 午前10時~12時

会場:(株)芙蓉エデュケーションズ/文京区白山オフィス
住所:〒113-0021 文京区本駒込2-1-18 101号室
地図

プレゼンター:川平、佐藤(イスカ:ISCA創設者)

◎予約制となっておりますので説明会に参加ご希望の方は芙蓉エデュケーションズまでご連絡ください。

皆さまのご参加をお待ちしております。
お気軽にお問合せください。

☎︎03-6912-0302 ✉️ info@fuyo-educations.com

典型的な先進国の知的産業であるクリエイティブ産業が
英国経済全体の大黒柱の国・英国

12人に1人がクリエイティブ産業で働いているのが現状の英国
そんな英国で世界のクリエイティブを牽引し世界のクリエイティブのハブの都市、ロンドン

2016creativeuk.jpg

※91.8ビリオンポンド=約14兆円

– 「たとえどこで何が起こってもへこたれずに自分の頭で考えて自分の責任で行動できる“生きる力”を育てる」
– 「結果よりも過程が重要」で「脳で理解」し「独自の見解と理論的な分析」のスタディスキル
– 「個性と主張を尊重」し「挑戦するための失敗を許す」社会のしくみや懐の深い土壌

これが英国の教育です。