東京にて1 Day 英国式🇬🇧クリエイティブプログラム開催のお知らせ

両日ともに定員に達しましたが
若干名様分の席を追加いたしました。(追記:7月1日)

Day 1 
プログラム名:『DEVELOPING YOUR IDEAS CREATIVELY/アイディアの創出&作品への発展方法』
日時    :7月4日  (土)午前10時~午後4時
カテゴリー :立体アート&デザイン
対象    :16歳以上
講師    :一瀬美月、伊藤碧

Day 2 
プログラム名:『BEYOND YOUR FRAMEWORK/固定概念のその先へ』
日時    :7月11日(土)午前10時~午後4時
カテゴリー :平面アート&デザイン
対象    :16歳以上
講師    :小野久留美

会場:芙蓉エデュケーションズ
住所:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-1-18 101号室

【追記】
2日間のクリエイティブプログラムに、東京近郊からだけでなく京都や神戸からも参加してくださり普段とは違った思考の連続で大変ご好評の中、無事に終えることが出来ました。

レポート
Day 1: ロンドン芸術大学卒業生を講師に迎え 1 Day英国式🇬🇧クリエイティブプログラム『DEVELOPING YOUR IDEAS CREATIVELY/アイディアの創出&作品への発展方法』を開催しました!

Day 2: ロンドン芸術大学卒業生を講師に迎え 1 Day英国式🇬🇧クリエイティブプログラム『BEYOND YOUR FRAMEWORK/固定概念のその先へ』を開催しました!

_______________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

英国のアート教育は上手な絵を描けるようになるためだけではありません。

モノづくりの完成形の精巧さを競うものではありません。

耽美的に美術やデザインを楽しむのではなく、コンセプトをロジカルで構造的に展開していく英国のアート&デザイン、クリエイティブ教育です。

と、口頭で説明をしても、勉強=何かが出来るようになること、の概念が強い日本の感覚では理解が出来るような出来ないような。。。

芙蓉エデュケーションズではこれまでにそんな場面を何度も見てきました。

百聞は一見に如かず。
イギリスでは何が違うのか、興味があるなら1週間でいいからロンドンへに行きサマースクールやショートコースを受講するのが早い話しではありますが、渡航する決断が難しい方、英国の学校教育はどんなものなのかを知りたい方からの声を受け、この度芙蓉エデュケーションズではロンドン芸術大学卒業生を講師に迎え、1 Day英国式クリエイティブプログラムを2020年7月4日(土)と7月11日(土)の2回に分けて開催します。


このクリエイティブプログラムでは、”アート制作を介してのアイデアやストーリーの展開方法“に焦点をあて、長年にわたり欧米で高い評価を経ているロンドン芸術大学特にセントラル・セント・マーチンズの教授法を徹底的に取り入れ、英国式のクリエイティブ学習を頭のてっぺんから爪先まで体感していただきます。

セントマーチンズならではの受講生自身のインスピレーションアイデアに着目し、結果よりも過程を重視する”コンセプト&プロセス“主義を理解されたら、今後各受講生がアート&デザイン・ストーリーを世界に発信する上で大いに役立つものと確信しております。

自らの経験から導き出した斬新で大胆なアイデアからの展開


近年日本のビジネスシーンにおいて、欧米のキャッチアップだけでなくクリエイティブでイノベーションとしての創造的破壊を起こしていくためにはアート的素養が必要という認識が広まりつつあるのが、このクリエイティブプログラムを通じて理解が深まることでしょう。
また、英国の文化・すべての学問・教育のベースである「失敗しないと何も生まれないのだから、実験的であれ」というチャレンジのための失敗を許す環境のこのプログラムで英国の教育の一端を体験していただけます。

地面を掘って電車を通す ”地下鉄”
電車から安全に降りるための ”プラットフォーム”
銀行の窓口以外で現金を引き出せる ”ATM”
郵便切手、テレビでの動画映像、ポータブルミュージックプレーヤー、ウェブサイトの”www”


すべて英国が生み出しました。

あらゆる分野で、”初めて”行うことが大好物でその旨味を歴史的に知り尽くしている英国のアイデアとコンセプト主義を是非体感してください。

1 Day 英国式クリエイティブプログラム概要        

プログラム名:『DEVELOPING YOUR IDEAS CREATIVELY/アイデアの創出&作品への発展方法』
日時    :7月4日  (土)午前10時~午後4時
カテゴリー :立体アート&デザイン
使用言語  :日本語・英語
講師    :一瀬美月、伊藤碧
受講料   :9,000円
持ち物   :家にある処分する予定のもの何でも、はさみ、のり、筆記用具

プログラム名:『BEYOND YOUR FRAMEWORK/固定概念のその先へ』
日時    :7月11日(土)午前10時~午後4時
カテゴリー :平面アート&デザイン
使用言語  :日本語・英語
講師    :小野久留美
受講料   :9,000円
持ち物   :何かしらの描くツール、はさみ、のり、筆記用具

*7月4日と11日の2日間受講の方は合計授業料が14,000円です。
*定員を超えた場合はお申し込み先着順とさせていただきます。

申し込み手続きについて                

① 参加をご希望でこれまでに芙蓉エデュケーションズに問い合わせをされたことのある方は、メールまたはお電話にて受講希望回をお知らせください。

1. 7月4日  (土)『DEVELOPING YOUR IDEAS CREATIVELY/アイデアの創出&作品への発展方法』

2. 7月11日(土)『BEYOND YOUR FRAMEWORK/固定概念のその先へ』

3. 7月4日 (土)と11日(土)の2日間受講


芙蓉エデュケーションズへ初めてのご連絡の方は下記URLより入力をお願いします。
https://forms.gle/8JyRL5cQZMbF88re9

② 登録完了後は芙蓉エデュケーションズからメールにて確認および連絡をいたします。

③ 芙蓉エデュケーションズよりメールを受信されましたら授業料を銀行振り込みでお支払いただきます。

④ 授業料の入金が確認でき次第、予約確認書をメールでお送りします。



講師プロフィール                    

一瀬美月https://www.mizukiichinose.com/
ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズのオリエンテーションコースとファウンデーションコースを経て、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションのBA Cordwainers Fashion Bags and Accessories: Product Design and Innovationを卒業。
国内最大規模のレザープロダクトコンペティション「Japan Leather Award 2019」審査委員賞受賞。
有名ファッションブランドのバッグデザインを担当するなどレザー製品の世界で活躍している若手デザイナー。
学部卒業後すぐに自身の名のレザーブランドを立ち上げ、今年より日本生まれの透明なレザー”生革(きかわ)”を使用したサステナブル・レザーブランド<bon born>を始動。
https://www.instagram.com/bonbornbone/

伊藤碧
ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズのファウンデーションコースを経て、同校のBA Fashion Communicationを卒業。
卒業制作のTENSION MAGAZINEは日本の書店でも取り扱い中。
現在はアートディレクター、演劇コーディネーターを務める。

小野久留美http://kurumiono.com/
ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズのオリエンテーションコースとファウンデーションコースを経て、同校のBA Fine Artを卒業。
ロンドンと東京を拠点に活動するファインアーティスト。
英国ロンドンのテート・モダンでの展示やロシアのソチのハイアットリージェンシーホテルでのBRIDGE 展に招聘されるなど、学部在学中より世界中でアート展示を行う注目のアーティスト。
2020年8月4日から16日まで明大前の『半山ギャラリー』にて個展を開催予定。

**☆◆☆**英国クリエイティブ学習留学体験記**☆◆☆**

【コース体験記】Yuta Yamanaさん:セントマーチンズ、ファッション学部(Womens Wear)到達までのヒストリーを語る
【コース体験記】武内さやさん(19歳):雨にもIELTSにも負けず 平成女子高生のロンドン奮闘記
【コース体験記】田口愛子さん(20歳):ファウンデ学生がロンドンのギャラリーとアーティスト契約の快挙!
【この人に聞きました:メディア掲載】小迫としかさん: File19 雑誌で紹介されました!
【コース体験記】照井亮さん:セントマーチンズ MA Narrative Environments
【コース体験記】天野剛さん(第一期卒業生):セントマーチンズ MA Innovation Management 
【コース体験記】TAKAKOさん:ロンドン語学&アート留学記
【コース体験記】マミーの報告書:我が息子(16歳)、夏のロンドンを独り往く

☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆