1 Day英国式🇬🇧クリエイティブプログラム『BEYOND YOUR FRAMEWORK/固定概念のその先へ』開催しました!

View this post on Instagram

7月11日 1 Day 英国式🇬🇧クリエイティブプログラム Day 2 『BEYOND YOUR FRAMEWORK/固定概念のその先へ』 開催しました💚 すべての創造のスタートはドローイング。 でも日本の方達にドローイングが必要なことを話すと、すぐさま体と心が拒否反応。 「ほんと、絵とか描けないんです。」 「絵はほんと下手なんです。」 「絵とか嫌い」 上手さは求めてません。 “絵画”は求めてません。 写実的なデッサンではありません。 誰でも描けるんです。 ペンを持って手を動かせば描ける‼️ 手じゃなくても足でも描ける‼️ ペンじゃなくてもどんな道具でも描ける‼️ もう、何年も何度も話してきても払拭できない日本のネガティブな美術観念から抜け出してもらうのが目的だった昨日のプログラム。 音楽に合わせて線を描く。 利き手じゃない方で描く。 両手で描く。 目をつぶって描く。 ロンドン芸術大学卒業生の講師からの一言。 「ねぇ、何でみんな、ペン一本で描いてるの? 2本持ってもいいのに。 それに、ペンとクレヨンとか違うツールを同時に持っても描けるよ。」 このアドバイスで部屋の空気がガラッと変わり 受講生の手と体と気持ちが一気に動き出しましたね。 いつのまにか植え付けられた 固定概念 すべての学びに共通して必要な疑問を持つ “Questioning Mind” 皆さん、普段とは違う思考の連続で “脳が疲れた” との感想で、まさに昨日もまたイギリス🇬🇧の そしてクリエイティブのトップランナー“セントマーチンズ”の学びを頭のてっぺんから爪先まで体感していただけました💡✨ 今後もクリエイティブプログラムを開催していくので、次回もお楽しみに💛 クリエイティブはアート作品を作るためだけでなく ビジネスや社会のあらゆる事象に汎用できるものです💚 💘SPECIAL THANKS💘 講師を務めてくださったロンドン芸術大学卒業生 小野久留美さん @kurumiono @kurumiiiiidayo 小林玲さん @milk_boyz 8月の英国式🇬🇧クリエイティブアーツプログラム✨ 次世代に必要な思考力と創造力を育成 英国人教師によるライブアートレッスン🎶 ❤︎—————————————❤︎ ISCA CAP in TOKYO イスカ キャップ イン トーキョー ❤︎—————————————❤︎ 🌿10-13歳対象🌿 テーマ  : Natural and Manmade/自然と人工 内容  :ドローイング、リサーチ、ペインティング、色彩論、デザイン展開、コミュニケーションスキル、製作実技 日程   :2020年8月3日(月) – 7日(金) 使用言語 :日本語・英語 🌿14-18歳対象🌿 テーマ  : Organic Mechanic/自然界のフォルムからデザインへ 内容   :観察力、色彩論、版画、アイデア創出、デザイン展開・認識とその説明、クリエイティブシンキング 日程   : 2020年8月24日(月) – 28日(金) 使用言語 :日本語・英語

A post shared by 芙蓉エデュケーションズ/🇬🇧🇨🇭留学サポート (@fuyo_educations) on